ケータイ辞書JLogosロゴ 鷹匠町(近世)


茨城県>土浦市

江戸期〜明治22年の町名土浦城下のうち土浦城の北東,堀川を隔てて代官町と多計曲輪の東を囲むように位置する北・東は堀川に囲まれ,南は勝軍木【ぬるで】曲輪に接する「新編常陸」によれば,はじめ足軽町と称していたが,万治元年西町のうち外郭(のち外西町)に長屋が築造され当町の足軽が移転させられ,その跡に鷹匠が移転させられたため改称したものとみられるまた貞享4年には当町の南半分が勝軍木曲輪として分離したといい,のちに再び当町の一部となったとみられる武家地地内に代官町(武家地)があった元禄4年,安政5年,明治6年に火災(土浦市史)はじめ勝軍木曲輪にあったという真言宗滝泉寺がある明治22年土浦町土浦の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7274758
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ