ケータイ辞書JLogosロゴ 田町(近世)


茨城県>笠間市

江戸期〜明治11年の町名笠間城下の1町笠間城に通じる道,古くは三所明神前から富士山麓を経て,弁天下侍屋敷から登城した文禄3年に改めて大町の中程,極楽寺の南から弁天下侍屋敷に向かった慶長年間,城主蒲生秀行が田を埋め,橋をかけて登城に便を図った橋を思案橋とよび,弁天坂まで両側に侍屋敷が形成された思案橋から城門(黒門)まで8町50余歩浅野氏が藩主であった頃,家臣大石氏の住した屋敷跡は現在に残る寺院は,真言宗福知院明治11年笠間町の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7274974
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ