ケータイ辞書JLogosロゴ 土浦町(近代)


茨城県>土浦市

 明治22年〜昭和15年の新治郡の自治体名。大字は編成せず。明治24年の戸数1,969・人口1万446,厩2,病院1,船340。世帯・人口は大正9年2,743・1万2,547,昭和10年4,074・1万8,758。明治27年土浦米穀商品取引所開設。同28年醤油の同業者保護のため結成されていた醤油仲間が醤油醸造組合となり,同44年土浦と石岡の組合を合併し新治郡醤油醸造組合となる。明治29年商人により土浦農商銀行開行,大正14年常磐銀行に合併。明治34年三津輪商会は土浦三津輪銀行と改称し,昭和14年常陽銀行に合併される。大正から昭和初期に農村の不況に際して農産物を有利に扱う県営倉庫設立。昭和12年中家村を合併し,9大字を加える。同13年藤沢村虫掛を編入し10大字となる。翌14年東村を合併し9大字を継承。同15年土浦市の一部となり,町制時の土浦(大字なしの地域)と19大字は同市の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7275099
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ