ケータイ辞書JLogosロゴ 土浦市(近代)


茨城県>土浦市

 昭和15年〜現在の自治体名。土浦町と真鍋町が合併して成立。合併各町の大字を継承し,土浦(大字なしの地域)および22大字を編成。昭和23年都和村と朝日村の一部を合併・編入し,7大字を加える。同25年の世帯1万3,206・人口6万2,246。同29年上大津村を合併し,旧大字を町名とした6町を加える。同35年の世帯1万6,137・人口7万1,474。同36・37年出島村,同42年千代田町,同45年桜村との間に境界変更が行われた。北部の区画整理事業により昭和42年北神立町・東中貫町,同45年中神立町の3町を起立。また昭和47年から住居表示が実施され,昭和56年までの間に土浦(大字なしの地域)およびその周辺部から70町を起立。下高津・中高津・小松の3大字が国分町・霞ケ岡町・上高津新町などとなり,79町26大字および土浦(大字なしの地域)を編成。昭和50年の世帯2万8,987・人口10万4,028。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7275100
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ