ケータイ辞書JLogosロゴ 中里(中世)


茨城県>瓜連町

 戦国期に見える地名。常陸国久慈西郡のうち。明応3年頃と推定される年月日未詳の当乱相違地注文写に「一,中里内山県越後守知行〈小野崎下野三郎違乱〉」,「近習知行」分として「一,中里・山県方〈小野崎下野三郎かゝへ候〉」と見え,佐竹氏近習である山県氏の知行地であったが,文明年間の佐竹の乱に際し小野崎氏に押領された(岡本元朝文書/家蔵文書)。戦国期と推定される年未詳2月15日の佐竹義昭書状写には「其方抱中里之地,小野崎彦七郎かたへ遣候事無之者,如前々可有催促候」と見え,大山因幡守の知行地として安堵されている(大山義次文書/家蔵文書)。天正18年正月21日の佐竹義宣判物写には「根岸・松の入・中里者本領」と見え,赤坂氏の本領とされている(赤坂光康文書/家蔵文書)。文禄3年の太閤検地を機に那珂郡に属す。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7275453
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ