ケータイ辞書JLogosロゴ 宮田郷(古代)


茨城県>大洗町

 平安期に見える郷名。「和名抄」常陸国鹿島郡十八郷の1つ。当郷は鹿島郡内の18郷のうち最北端に位置する。大洗磯前神社が鎮座し,同社を中心とする郷。「尊卑分脈」に藤氏武智麿公孫として藤原弓主の子に宮田が記され,「母常陸鹿嶋郡人」とある。宮田の名は母が鹿島郡宮田郷に住していたので名付けられたと思われる。大洗町磯浜町には,日下塚・琵琶塚・徳利塚・諏訪塚・供養塚・車塚を含む鏡塚古墳群をはじめ,古代の集落跡が検出された宮田遺跡や土師器・須恵器を出土する団子内遺跡・髭釜遺跡などがある。「新編常陸」は江戸期の磯浜・大貫の2か村とするが,現在の大洗町磯浜町にあて,涸沼川の水脈によって三方を限られ,東は大海に面し,島山の形状をなすと記す「地名辞書」の説が妥当であろう。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7276907
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ