ケータイ辞書JLogosロゴ 山村(近世)


茨城県>猿島町

 江戸期〜明治22年の村名。下総国猿島【さしま】郡のうち。はじめ関宿藩領,のち幕府領を経て,天明7年からは幕府と旗本吉川氏の相給。村高は,「元禄郷帳」420石余,「天保郷帳」1,467石余,「旧高簿」748石余,ほかに山村新田691石余,「旧高旧領」1,440石余。元禄元年の人口492(忍田家文書)。天保9年農間渡世書上帳によれば,山村新田共として,高1,231石余,家数86(うち農業一統渡世74・農間商い渡世12)・人数439(県史料近世社会経済編)。同12年の職業別軒数は,居酒屋5・豆腐油揚屋3・穀屋3・葉煙草屋1・真木材木屋2・下駄屋1・青物屋1,同14年の家数85・人数479(崎房秋葉光夫家文書)。明和8年の人口612,吉川氏知行地の天明年間の家数30・人数147(忍田家文書)。享保13年と天保14年の将軍日光社参には日光東街道宿々の助郷を勤め,ほかに文化9年と天保9年は諸川宿,元文3年と文久3年は日光街道古河宿,野木宿(栃木県)の代助郷をそれぞれ勤めた。鹿狩は高100石につき,享保10年・12年は10人,寛政7年は8人,嘉永2年は6.5人の割で勢子・宰領・旗提灯持・炊夫を勤めた(北下総地方史)。もと馬牧であった大野銭場・小野銭場には植樹されていたが,享保年間から御台場用材として伐採され境河岸から江戸湾に積み出された(小松原家文書)。元治元年の天狗党騒動に際して代官北条平次郎は鉄砲95丁を当村はじめ幕府領村々から調達し,竹槍も持たせて農兵隊を組織(馬立古矢家文書)。会津戦争では仁連宿・諸川宿に1日人夫4人・馬4匹ずつを出した(仁連諸川両宿助郷村々議定書)。神社に香取神社がある。字駒寄では両墓制が行われる。寛文年間には茶生産が行われており,同13年76貫文の茶年貢を上納(忍田家文書)。明治8年茨城県,同11年猿島郡に所属。明治3年の物産は米325石・大麦534石・小麦80石・陸稲21石・大豆128石余・小豆15石余・粟112石・稗126石。明治22年逆井山村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7277173
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ