ケータイ辞書JLogosロゴ 厚田村(近世)


群馬県>吾妻町

 江戸期〜明治22年の村名。吾妻郡のうち。はじめ沼田藩領,天和元年幕府領,元禄11年旗本土屋氏領,同13年再び幕府領,宝永2年旗本富永・依田氏の相給。村高は,「寛文郷帳」207石余うち田方67石余,畑方140石余,寛文2年の真田氏の検地で983石余と打ち出されたが,貞享3年の再検地では235石余(吾妻郡誌),「元禄郷帳」同高,「天保郷帳」224石余,「旧高旧領」213石余。慶応4年の差出帳では,家数62・人数290,用水は大戸村の大谷沢から20町余を引水しており,不足分は湧水を利用。農耕のほかに特産の麻苧拵えや入会で薪や肥料用の落葉集めに従事。名主給は鐚5貫文・組頭給は鐚2貫文。村内を杢ケ橋関所の川止め時に使用する三国脇往還が通っており,これは公儀橋の長須橋を渡って郷原村へ通じている。ほぼ10〜12年ごとの架け替えには人足が35か村から高割で差し出され,当村など橋本3か村がその世話にあたっている(岩島村誌)。江戸初期頃には岩櫃城の大手である橋詰から吾妻川を渡る保成橋があった。万延元年中山道軽井沢宿へ15年間の代助郷を命じられる(原町誌)。鎮守は満行宮(現太田神社)で,延宝2年真田氏が再興した。吾妻三十三所観音第6番札所の新井堂があり正観音を本尊とする。寛文10〜11年榛名【はるな】山北麓の吾妻南山入会秣場をめぐって榛名山社人や大戸村と争い当村など川南12か村側が勝訴したが,同入会地をめぐっては川北10か村とも境論となり,元禄12年敗訴して入会権を認めた。天明3年の浅間焼けでは,荒高88石余,流失家屋19・流死人7の被害を受けた(浅間山津波記)。幕末の改革組合村高帳によれば,中之条町寄場組合に属し,高213石余,家数55。明治元年岩鼻県,同4年群馬県を経て,同6年熊谷県,同9年群馬県に所属。明治4年の家数62・人数312。明治初頭排仏毀釈の運動の中で離檀する者が多く,当時の64戸のうち28戸が神葬祭となる。明治5年の物産表では,麻885貫余で売上1,075円余,越中・越後に出荷,繭202貫で売上845円余,他に米253石余・大麦156石余などで農産物計1,924円(岩島村誌)。同22年岩島村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7281340
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ