ケータイ辞書JLogosロゴ 新巻(近代)


群馬県>吾妻郡東村

 明治22年〜現在の東村の大字名。明治24年の戸数96,人口は男229・女242,水車場3。世帯数・人口は,昭和15年114・635,同25年189・1,200,同35年121・652,同45年117・549,同55年119・533。当地や箱島・五町田の神社は所有財産もなく維持が困難であったため,五町田の村社三島神社に合併され,明治40年各村の村社名の1字を取り三甲原神社として許可されたが,大正10年分裂解散した。大正元年吾妻山の45.5町を村の基本財産に寄付し村有林が形成され,残りの宮腰・白山の原野54町余は同4年住民80人に売却され共有の施業林が誕生した。大正3年碓氷社東組の新巻製糸所が30釜で設立されたが,昭和2年売却された。同11年泉沢川に出力36kwの泉沢発電所,同15年出力41kwの新巻発電所がそれぞれ開業したが,ともに昭和28年廃止されている。渋川原町線は大正12年県道に認定され,翌13年四万馬車合資会社経営の5人乗り乗用自動車が渋川―原町―中之条間の通称日陰道を運行した。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7281401
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ