ケータイ辞書JLogosロゴ 安中町(近代)


群馬県>安中市

 明治22年〜昭和33年の碓氷郡の自治体名。安中宿・中宿村・小俣村・高別当村・古屋村が合併して成立。旧宿村名を継承した5大字を編成。明治24年の戸数1,199,人口は男3,714・女3,781,学校1・水車場22。戸数・人口は,大正元年1,357・7,477,同10年1,521・9,728。昭和25年の世帯数1,958・人口1万578。明治23年旧安中宿の貸座敷廃業。同26年碓氷郡警察署は安中警察署と改称。同30年安中銀行開設。同年県立前橋中学校碓氷分校開校,同34年安中中学校となり同38年高崎中学校安中分校となったがやがて廃校。同36年頃から自転車流行,同38年安中女子実業補習学校開校,同42年西毛電気設立,同年10月現在の安中町内点灯数411箇,同年安中製糸設立,大正2年県立蚕糸学校開校,同8年上毛蚕糸相互設立,同9年碓氷織物は安中銘仙を織り出す。また同年には安中教会堂(新島襄記念会堂)献堂式が挙行された。同10年乗合自動車が安中停車場〜原市間を,同11年には安中〜高崎間を,また同13年には丸大バス自動車が高崎〜安中間に開通した。昭和期に入ると,同2年群馬社安中工場設立,同6年操業開始,同9年安中土木出張所設置,同12年東邦亜鉛安中製錬所操業開始,同14年安中保健所設立,同15年安中高等実科女学校開校,同17年碓氷地方事務所開設。第2次大戦中は青葉隊が安中小学校に駐屯,空襲など米軍の爆撃を受けることなく終戦となった。戦後は同校に米軍が駐留,昭和22年新制中学校および私立新島学園中学開校。同25年の世帯数1,958・人口1万578。同30年原市町・磯部町・東横野村・岩野谷村・板鼻町・秋間村・後閑村を合併,合併町村の24大字を加え29大字となる。同33年市制施行。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7281420
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ