ケータイ辞書JLogosロゴ 池村(近世)


群馬県>吉井町

 江戸期〜明治22年の村名。多胡郡のうち。村内は上池と下池に分かれ,ともにはじめ幕府領,上池は寛文12年から旗本大久保・牧村氏の相給,下池は慶安年間から旗本長崎氏領となる(郡村誌)。ただし一部に幕府領が残り,一時期水戸藩領になるなどして幕末にいたる。村高は,「寛文郷帳」で700石余うち田方250石余・畑方449石余,「元禄郷帳」710石余,「天保郷帳」「旧高旧領」とも同高。文政年間の吉井宿組合村々書上帳によれば,水戸藩領が高76石余うち1石余川欠,家数11,人数は男25・女23,馬1,旗本牧村氏領が高140石余うち7石余川欠,家数8,人数は男23・女18,馬1,同大久保氏領が高140石余うち7石余川欠,家数9,人数は男18・女17,同長崎氏領が高342石余うち17石余川欠・28石余荒地,家数37,人数は男70・女70,馬1,ほかに真言宗蓮勝寺朱印高10石,また渡船場が字釜ケ淵にある(吉井町誌)。草創は元明天皇の頃と伝える荷福山蓮勝寺は,戦国期末に長根城主長根縫殿助が八束山麓から当村に移し,七堂伽藍・三層宝塔・12坊を造営して祈願所としたが,のち兵火にかかり全焼,天正年間に再建され,明治12・22年と再度の火災にあい,現在のごとく規模を縮小して再建設された(上野名蹟図誌)。村境を流れる鏑川では漁業が行われ,安政4年の緑野・多胡・甘楽郡内村々鏑川通漁猟運上覚(藤巻家文書/県史資料編9)によれば,当村へは小魚猟運上永200文2分が賦課されている。幕末の改革組合村高帳では,吉井宿寄場組合に属し,高700石余,家数69。明治元年岩鼻県,同4年群馬県を経て,同6年熊谷県,同9年群馬県に所属。同22年吉井町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7281464
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ