ケータイ辞書JLogosロゴ 石倉村(近世)


群馬県>月夜野町

 江戸期〜明治22年の村名。利根郡のうち。はじめ沼田藩領,天和元年幕府領,元禄16年沼田藩領,享保15年幕府領,同17年から沼田藩領(郡村誌)。当村の村高は,万治2年169石余から,真田氏の寛文新検地で756石余に打ち出されたが,真田氏改易後,幕命による酒井氏の貞享検地で174石余に是正された(平形家文書/県史資料編12)。なお「寛文郷帳」では村高169石余うち田方67石余・畑方101石余,「元禄郷帳」174石余,「天保郷帳」「旧高旧領」とも同高。天和元年の沼田領郷村品々記録(小林家文書/同前)によれば,村内に水晶山があるが,今は水晶は出ないと記されている。なお「郡村誌」にも水晶山の記載が見える。当村の北西,寺間村地続きの吾妻耶山・大峰山は,当村など周辺各村の入会山となっており,入会権をめぐってたびたび争論が起きた。また藤原村一帯の山林の総称藤原山からは材木・桶木・鞘木が切り出され,利根川を管流しと称する一本ずつの棒流しで送り出されていた。明和3年の藤原村鞘木代請負内済証文(水上町郷土資料館蔵文書/同前)によれば,金1両につき上木480本で沼田鍛冶町などの問屋と請負契約が交わされているが,その請負問屋中に当村の五左衛門の名が見える。神社に武尊社・熊野社・八幡社など,寺院に曹洞宗法泉寺・真言宗福泉寺がある。幕末の改革組合村高帳では,月夜野村寄場組合に属し,高174石余,家数38。明治4年沼田県,群馬県を経て,同6年熊谷県,同9年群馬県に所属。同22年桃野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7281483
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ