ケータイ辞書JLogosロゴ 泉沢村(近世)


群馬県>吾妻町

 江戸期〜明治22年の村名。吾妻郡のうち。はじめ沼田藩領,天和元年幕府領,元禄11年旗本土屋氏領,同12年幕府領,宝永2年旗本朝比奈氏領。村高は,「寛文郷帳」133石余うち田方26石余・畑方107石余,寛文2年の真田氏の検地で657石余,貞享3年の再検地で235石余(吾妻郡誌),「元禄郷帳」「天保郷帳」同高,「旧高旧領」208石余。寛政10年の戸数96。河谷沿いの北を除き林野で平地の少ない山村で,秣・草肥は南方の入会地に頼る。真田氏時代に開削された新巻用水・小泉用水は泉沢川より取水され隣村に引かれている。天明2年の年貢皆済目録によれば,米85俵余・代金39両鐚1貫余。天明3年の浅間焼けで田方の荒高1町4反余あり,同8年まで減納。名主は3戸くらいで回り番,入札もある。名主給米2俵(太田村誌)。新田開発も行われ,迦葉新田が開け,あくぞう新田は鉱毒の謎を残して滅びる。鎮守は誉田別尊が主神の八幡宮である。吾妻三十三所観音第4番札所で正観音を本尊にする苦抜観音,第5番で如意輪観音が本尊の糀屋観音がある。真田氏の頃は滝不動の近くに水牢があった。寛政7年当村など川南9か村が,岩井村地先の渡船場では秣渡し以外の利用を禁止するよう求めて中之条町を訴えた渡船出入が起きている。また寛文10〜11年大戸村との間で榛名山北麓の吾妻南山入会地をめぐって境論となり,当村など川南12か村が勝訴する。同所をめぐっては川北10か村とも紛争が起き,元禄12年敗訴し入会地利用を認めている。寺子屋は文化・文政年間名主青木三右衛門が開設する。幕末の改革組合村高帳によれば,中之条町寄場組合に属し,高208石余,家数70。明治元年岩鼻県,同4年群馬県を経て,同6年熊谷県,同9年群馬県に所属。明治5年の戸籍帳では人数368。同22年太田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7281512
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ