ケータイ辞書JLogosロゴ 磯部町(近代)


群馬県>安中市

 昭和11〜30年の碓氷郡の自治体名。村制時の5大字を継承。昭和13年磯部駅付近に信越窒素肥料磯部金属試験所が創設され,金属マンガンの精錬が開始された。終戦後の昭和20年信越化学工業磯部工場と改称,マンガン鉄のほかガラス・鋳物製品・アミノチアゾール・スルファグアニジンなどの生産を経て,昭和27年以後はシリコーン(硅素樹脂)工場も増設され,電子工業関係分野にも進出しており,昭和30年現在の従業員351人。昭和29年現在の磯部町内の事業所数218うち建設業14・製造業32・卸小売86・金融保険4・運輸2・サービス業80,従業員数945人となっており,旅館などのサービス業が目立っている。同30年の業態別世帯数は,農業502・林業1・サービス業149・公務自由業36・工業35・商業229・その他168(県市町村合併史)。昭和25年磯部温泉組合が設立され,組合員数120名。同年第1回温泉祭を開催。同30年安中町の一部となり,村制時の5大字は同市の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7281530
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ