ケータイ辞書JLogosロゴ 市之関村(近世)


群馬県>宮城村

 江戸期〜明治22年の村名。勢多郡のうち。はじめ大胡【おおご】藩領,元和2年前橋藩領,明和6年幕府領,のち前橋藩領。村高は,「寛文郷帳」226石余うち田方186石余・畑方40石余,「元禄郷帳」同高,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに440石余。享保10年の検地帳によると,田23町9反余・畑35町8反余・屋敷3町9反余(宮城村誌)。明治4年前橋県,群馬県を経て,同6年熊谷県,同9年群馬県,同11年群馬県南勢多郡に所属。幕末から明治21年まで医師小池文七郎が開いた私塾があったが,明治5年の学制発布により、同6年以降は鼻毛石学校に通学する者が多数を占めた。「郡村誌」によれば,村の東西14町15間・南北30町50間,税地は田32町3反余・畑25町6反余・宅地7町1反余・林149町2反余,馬40,民業は男で農業50戸,女で農業1戸・養蚕製糸業40人,物産は繭18貫・生糸3貫300目・米305石・大麦169石・小麦47石余・大豆10石余・蕎麦13石余,神社は住吉社など。同22年宮城村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7281559
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ