ケータイ辞書JLogosロゴ 今泉村(中世)


群馬県>吉井町

南北朝期に見える村名多胡郡多胡荘のうち明徳元年6月5日の左衛門尉信明譲状(中沢文書/大山村史史料編)に「上野国多胡庄今泉田在家事」「今泉村」とあるのが初見同譲状および同年8月3日の中沢信明譲状(同前/県史資料編6)によれば,当村などは武蔵国中沢郷を本貫とする中沢氏相伝の所領で,この時弾正信実に譲与している下って,永正4年6月12日の中沢道忍譲状(同前/新編埼玉県史資料編6)によれば,道忍が多胡本長に所領を譲与しているが,その中に「一,上野国多胡庄今泉田在家等事」が見える明治初期吉井町の小字に今泉があり,現在の吉井町吉井のうちに比定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7281628
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ