ケータイ辞書JLogosロゴ 伊与久村(近世)


群馬県>境町

 江戸期〜明治22年の村名。佐位郡のうち。はじめ伊勢崎藩領,元和2年前橋藩領,寛永4年伊勢崎藩領,寛文2年前橋藩領,天和元年伊勢崎藩領。検地は寛永19年・元禄6年に行われたほかは不明。村高は,「寛文郷帳」で793石余うち田方264石余・畑方529石余,「元禄郷帳」同高,「天保郷帳」1,344石余,「旧高旧領」1,353石余。天保年間の村方記録には,本高のほかに新田分550石余があり,反別は120町余,家数295・人別1,262,馬90,貢租は米730俵・永150貫余である。明治元年の石高調帳には村高793石余とある。大沼の1つの新沼は天明3年の浅間山災害の御救普請としてつくられた。そのため水利に恵まれ農業が発達し,村南方の馬場・舘野地区には次第に集落が形成され,さらに文政元年村人7人が新地の開拓に従い,伊勢崎藩の保護のもとに次第に戸数を増し,弘化年間に14軒の字新地を形成した。江戸後期養蚕が盛んになり,寛政年間には絹織物の技術が村に入り,織物の生産がのび,さらに蚕種製造業者が生まれた。この経済的豊かさにより高度の学問教育の発展があり,資力を有する百姓の子弟は,江戸に良師を求めて遊学する者が多かった。この高度の学問を身につけた7人の村人によって,享和3年上野【こうずけ】国ではじめての庶民学校である郷校五惇堂が創立された。中心となったのは柴野栗山に学んだ宮崎有成でほか同志6人が教授し,文化5年には正規の郷学校として位置づけられ,伊勢崎藩も随時講師を派遣して教育を助けた。学問と同時に文芸をたしなむ者もあり,多くの詩人・俳人などが出てたくさんの作詩・行文・俳諧を伝えており,中央各家の藤森天山・寺門静軒・菊川英山ら多くの著名文人の来訪があった。幕末に革新的思想を持った人物が登場したのも当然であろう。幕末の改革組合村高帳によれば,伊勢崎町寄場組合に属し,高793石余,家数294。明治4年伊勢崎県,群馬県を経て,同6年熊谷県,同9年群馬県に所属。明治5年戸長役場が置かれ,同12年木島村・百々【どうどう】村と3か村連合戸長役場が置かれた。郷校五惇堂での教育は,明治7年伊与久学校が開校するまで続けられた。同22年采女【うねめ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7281636
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ