ケータイ辞書JLogosロゴ 植栗(近代)


群馬県>吾妻町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ太田村,昭和30年原町,同31年からは吾妻町の大字。明治24年の戸数140,人口は男370・女379,学校1・水車場10。世帯数・人口は,昭和40年207・1,009,同60年220・852。明治37年それまで借家であった役場庁舎が新築移転し,昭和26年に再び移転した。明治43年追沢の原野57町余が地内の共有林となる。同44年村有林の整理統一に際し三俣地内を当地へ提供し,村有原野は164町余となる。大正3年郡内初の耕地整理が行われ,土地利用の高度化が図られた。明治33年吾妻川の渡しの竜ケ鼻が船橋の営業となり,料金は1人7厘・牛馬1頭6厘であった。昭和8年竜ケ鼻への急勾配・屈曲を除く改修の救農道路工事が竣工され,同12年釣橋,同40年現在の鉄橋となり,中之条方面との交通が便利になった。昭和22年太田中学校創立。同31年保育園開園。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7281705
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ