ケータイ辞書JLogosロゴ 大久保(近代)


群馬県>吉岡町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ駒寄村,昭和30年吉岡村,平成3年からは吉岡町の大字。明治24年の戸数225,人口は男629・女640,水車場5。昭和2年の戸数339・人口2,005,有租地田15町7反余・畑262町7反余・宅地16町余・山林雑地62町4反余(駒寄村史)。農業を営み養蚕を主業とし,収穫した繭は各自仲買人に売却していたが,不利を考え,明治42年有限責任駒寄信用販売購買利用組合を設立し,同43年販売組合碓氷社駒寄組を設立,大正4年両組合は合併,同年連合会碓氷社に加入した。自家収穫の繭をここに出荷し,組合員の子女が女工として働き,製糸した絹糸は碓氷社に委託販売した。昭和初期から絹糸は化学繊維におされ,養蚕業も不振となり,特に太平洋戦争中は工場が軍需工場となり,昭和18年設立の駒寄村農業会が,業務処理を引き継いだ。大正10年国鉄上越南線開通,昭和6年上越線全線開通。地内に駅はなく,最寄駅群馬総社駅を利用した。大正11年前橋市からの乗合バス開通,佐渡奉行街道は伊香保道とともに県道前橋伊香保線となり,群馬バス自動車会社が定期バスを運行。昭和27年中群馬土地改良区改良事業により中群馬用水を開設。同事業により桑畑を水田に改善し,開田面積は50.5ha。同46年群馬用水完成。昭和42年村営吉岡村土地改良事業により,溝祭地区に道路用排水溝および畑・水田を開設,畑23ha・水田11.3ha。同59年の養蚕農家は減少し転業した農家もあり,酪農15戸・肥育牛3戸・養豚11戸・施設園芸15戸,その他蔬菜栽培など。同60年の世帯数872・人口3,457。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7281830
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ