ケータイ辞書JLogosロゴ 小串村(近世)


群馬県>吉井町

 江戸期〜明治22年の村名。多胡郡のうち。はじめ吉井藩領,慶長6年幕府領,同7年旗本倉橋・長谷川・安藤・渡辺氏領,寛文9年幕府領,延宝7年安中【あんなか】藩領,天和元年幕府領,同2年吉井藩領,元禄11年幕府領を経て旗本貴志・大久保・筒井・牧村領となる。このうち貴志氏領のみは,元文5年幕府領,文政7年御三卿清水家領,安政2年から幕府領と変遷する(郡村誌)。村高は,「寛文郷帳」で394石余うち田方286石余・畑方107石余,「元禄郷帳」515石余,「天保郷帳」「旧高旧領」とも同高。文政年間の家数57・人数226(男116・女110),馬6,真宗尊手院の除地下畑1反余,浄土宗光心寺除下畑1反余があり,また吉井宿と藤岡町間の立場となっていて,茶屋が設置されていた(吉井町誌)。光心寺は,旗本倉橋氏の苛政を訴えて処刑された堀越三右衛門と三木市右衛門の菩提を弔うため,関係する小串・白石・三ツ木・黒熊4か村の農民が三右衛門ら処刑場跡に建立した寺院で,寛文8年光心和尚の開基。多胡・緑野【みとの】・甘楽【かんら】3郡三十三観音霊場第33番札所となっている。真言宗広願山専寿院地蔵寺もあり,慶長年間の創立で,猫地蔵尊で名高い。神社は天神社・稲荷社・二荒社・神明社。村内を流れる鏑川では漁業が行われ,安政4年の緑野・多胡・甘楽郡内村々鏑川通漁猟運上覚(藤巻家文書/県史資料編9)によれば,当村は小魚猟運上110文1分を上納することとなっている。なお嘉永2年には,当村名主長谷川勘蔵が幕府目安箱へ時勢に関する8か条の建白書を出している(多野藤岡地方誌)。幕末の改革組合村高帳では,吉井宿寄場組合に属し,高515石余,家数62。明治3年の組合村家数人別書上帳(三木家文書/県史資料編9)による家数52・人数267(男135・女132)。明治元年岩鼻県,同4年群馬県を経て,同6年熊谷県,同9年群馬県に所属。学校は当村など5か村連合の黒熊小学校が明治7年に開校していたが,同14年光心寺へ移転して東校と改称,地蔵寺に分校も設置した。翌15年東校を廃し,地蔵寺分校を本校として鏑南小学校と改称した。同22年入野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7281988
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ