ケータイ辞書JLogosロゴ 小倉村(近世)


群馬県>吉岡町

 江戸期〜明治22年の村名。群馬郡のうち。野田村として上野田村・下野田村とともに野田村を形成していたという。万治年間に至るまで旧記がなく,この間の支配は不詳。万治年間高崎藩領,元禄11年幕府領,のち旗本山田氏・長谷川氏・京極氏の相給となる。検地は高崎城主安藤氏の時に行われたと思われるが,村高反別については不詳。村高は「寛文郷帳」147石余うち田方96石余・畑方50石余,「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに151石余。また幕末の改革組合村高帳によれば,渋川村寄場組合に属し,3給の村で高151石余,家数30。旗本長谷川氏・京極氏・山田氏の3給の村となってからは,知行所ごとに名主・組頭・百姓代が置かれた。年貢は,旗本山田氏領について安政元年の年貢皆済目録(小林家文書/県史資料編13)によれば,米11石余と永合計5貫90文余となっている。また上野田宿への助郷を勤めた。安政2年の渋川村組合村柄書上帳(堀口家文書/同前)では家数37・人数152,家数のうち33軒は農業一統渡世,4軒は農間商いならびに諸職人渡世。当村は西部が山林に覆われ,耕地は中央から東部にかけて開かれていた。その耕地は畑地が多く,文化11年の百姓耕作仕方控(森田家文書/同前)による主な畑作物は,稲・大麦・小麦・大豆・芋・茄子・ヒエ・粟・大根・菜・ソバ・ネギ・麻・モロコシなどである。水田は滝の沢川の流域に10町ぐらい開かれていたが,滝の沢川は流域が榛名山二ツ岳の噴火による厚い軽石層に覆われているため,水はこの軽石に吸いこまれて水量は少なくなり,水田に灌漑するためには不足勝ちであった。そのため当村はこの水を利用する上野田村・下野田村と絶えず水争いを繰り返した。寛延2年には幕府評定所に提訴し,小倉村は2分,上野田村と下野田村は8分引水することで解決している。教育者には,名主役を勤める余暇に寺子屋師匠として子弟を教育した小林唐兵衛,同小林宗次郎がいる。また大林宣蔵は江戸砂町で私塾を開いて子弟を教育した。明治4年前橋県,群馬県を経て,同6年熊谷県,同9年群馬県,同11年群馬県西群馬郡に所属。村の中央を三国街道が南北に,東西に広い県道が貫き,西方上野田村境から北方有馬村境まで猪鹿除堤が築かれ,その長さ1,146間・幅6尺・高さ3尺,土居上に竹木の柵を結って猪や鹿の侵入を防ぎ,春秋2回毎年村費にて修理したとある。同22年明治村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7281996
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ