ケータイ辞書JLogosロゴ 片山村(近世)


群馬県>吉井町

 江戸期〜明治22年の村名。多胡郡のうち。はじめ吉井藩領,のち幕府領,元禄11年幕府領と旗本京極・山田・長谷川氏の相給となる。うち幕府領はその一部が安永9年から吉井藩領となり,残余は文政7年御三卿清水家領となり,安政2年から再び幕府領となる。村高は,「寛文郷帳」で606石余うち田方155石余・畑方451石余,「元禄郷帳」606石余,「天保郷帳」613石余,「旧高旧領」607石余。文政年間の吉井宿組合村々書上帳では,高606石余うち川欠諸引68石,除地は天台宗金蔵寺6石,また支配の内訳は,清水家領が高233石余,家数41,人数男81・女89,馬3,吉井藩領が高164石余,家数8,人数男20・女23,馬2,旗本山田氏領が高169石余,家数8,人数男19・女21,同京極氏領が高69石余,家数6,人数男14・女16,同長谷川氏領が高69石余,家数7,人数男18・女18,馬1,合計で家数70,人数は男152・女167,馬6(吉井町誌)。明和6年の木版刷り「多胡郡内三十三番札所詠歌記」(県史資料編9)に当村の二ツ御堂十一面観世音が第29番札所として記されている。幕末の改革組合村高帳では,吉井宿寄場組合に属し,高606石余,家数74。なお文久3年の助郷村々取調帳(安中宿本陣文書)によれば,御変革当分助郷19か村中,当村のみ中山道安中【あんなか】宿当分助郷から免除されている。明治2年2月吉井藩はいち早く版籍奉還願を差し出し,同年6月藩主吉井(松平)信謹が吉井藩知事に任命されたが,翌3年正月,吉井藩支配の村々は片山村名主を筆頭に30人の代表が連名し,吉井藩版籍奉還後の処置につき急激な変化がないように歎願書を岩鼻県に提出している(大沢家文書/県史資料編9)。明治元年岩鼻県,同4年群馬県を経て,同6年熊谷県,同9年群馬県に所属。明治7年金蔵寺に片山小学校を開校。同8年の管内布告留(県立文書館蔵文書)に,明治7年に各小学校生徒人員及黌費表があり,片山小学校について下等8級の生徒数男44・女5,学校費金134円45銭余と記される。なお片山小学校は同17年多胡第一小学校の分校となり,同19年から片山尋常小学校となる。明治10年代の松方デフレ政策によって農村は極度に困窮していったので,農民救助のため,当村の富農で旧清水家領の名主家の野中弥八や,戊辰戦争に従軍した旧吉井藩士野中和三郎は自由民権運動に走り,明治17年の群馬事件に活躍,未決囚のまま獄死した。同22年吉井町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7282132
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ