ケータイ辞書JLogosロゴ 上今居郷(中世)


群馬県>境町

平安末期〜室町期に見える郷名新田郡新田荘のうち仁安3年6月20日の新田義重置文(長楽寺文書/県史資料編5)に義重が「らいわうこせのハゝ」に譲った新田荘空閑の郷々19か所の1つに「かみいまい」と見えるなお「らいわうこせ」は義重の第4子義季のことと考えられる下って建保3年3月22日の将軍(源実朝)家政所下文案(正木文書/同前)によれば,新田義兼後家所進の注文に任せて岩松時兼が補任された新田荘内12か郷の地頭職の1つに「上今居郷」が見える岩松時兼は新田義兼女と足利義純との間に生まれたが,このように新田荘内の所領が譲られて新田一族として遇されたのである弘安10年11月3日の源資村寄進状案(長楽寺文書/同前)によれば,「上今井内道忍跡屋敷堀内」が世良田長楽寺に寄進されており,貞治4年7月5日の長楽寺住持了宗寺領注文(同前)にも同様の記載がある南北朝期文和2年3月19日の足利尊氏寄進状(同前)によれば,長楽寺普光庵に「上今居内田弐町九十歩・畠壱町七段・在家四宇〈尻兵衛三郎女子尼了心知行分〉」などを寄進しているまた,康安2年7月3日の平賀重光寄進状(同前)によれば,長楽寺正伝庵に毎年の所当5貫文の地である「上今井郷内三木之深町田壱町〈女塚彦八作〉」を祖父平賀義資の菩提料所として寄進している新田義貞没落以後新田一族の惣領の立場にあった岩松氏の所領(公田100町)の内訳を示す室町期応永11年4月7日の新田庄内惣領知行分注文(正木文書/県史資料編5)には「一,上今井郷 中今井」と見えるなお,年月日未詳の新田庄内岩松方庶子方寺領等注文(同前)にも「岩松方」のうちとして「一,上今井 一,中今井村」と見える応永17年卯月7日の上今井郷地検目録(同前)によれば,当郷は仏神田分・普光庵分・聖殿庵分・御料所(西方・東方)・諸給分とからなっていた仏神田分は7か所からなり,田畠合計1町7反で,「熊野神田」「⊐の神田」「やくし堂」「太子堂敷地」の注記がある長楽寺の塔頭の1つである普光庵分については,4か所と在家2宇からなり,各々に岩松氏の検注使側の見積りと長楽寺側(僧あるいは百姓)の答えが記されており,両者の主張が一致しなかったものと考えられ,田畠の合計は,検注使側が10町6反300歩,寺側が7町9反120歩と主張していた同じく長楽寺塔頭の1つである聖殿庵分はたった1か所で「一所畠六反内〈太子堂在家もあり〉」と記されている御料所の西方は在家12宇と1か所からなり,合計は田7町5反(うち8反不作)・畠17町8反300歩(うち9反不作),年貢高は72貫500文であった御料所の東方は在家5宇と1か所からなり,合計は田4町7反(うち2町4反不作)・畠10町8反120歩(うち3反不作),年貢高は44貫550文であった御料所分は東西合計して36町7反となり,これは当郷の約6割強にあたる諸給分は4か所と1宇からなり,合計田2町7反・畠1町4反であった江戸期の今井村,現在の境町西今井のうちに比定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7282203
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ