ケータイ辞書JLogosロゴ 上五箇村(近世)


群馬県>千代田町

 江戸期〜明治22年の村名。邑楽郡のうち。はじめ館林藩領,天和2年幕府領と旗本柴田・奥山・布施氏の相給。村高は「寛文郷帳」471石余うち田方7石余・畑方463石余,延宝8年高701石余・反別98町余(上五箇村外四ケ村村誌/小池家文書),「元禄郷帳」では700石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに700石余。村の規模は東西11町余・南北13町余(県邑楽郡町村誌材料)。助郷は近隣村と同様,日光社参などに出役を務めたと思われる。鎮守は愛宕神社・氏子112戸(上五箇村外四ケ村村誌/小池家文書)。同神社を村の拠として修験出羽三山信仰が篤く遠近村々では五箇の山伏と呼んでいた。宝永年間の記録も残されている。同神社には当村を郷里とする江戸後期の儒者・文人書画家亀田鵬斎・嗣子綾瀬・養孫鶯谷の亀田3代にわたる筆跡が蔵されている。寺は真言宗長性寺。水利は休泊堀に頼っていたが天保10年利根川から利根加用水を引き入れて利用した。利根川沿岸のため水魔に襲われることが多く,天明6年破堤146間,死者・流失家屋もでて,土地は荒地と化した。文政5年破堤80間,弘化3年破堤146間・流失家屋32戸,荒廃復旧工事に260日を費やす(千代田村誌)。一方河川交通は五箇河岸と呼ばれ上河岸・下河岸の2つがありそれぞれ江戸方面と上流河岸を結び対岸武州への渡船を行っていた。明治初期の上五箇河岸の運船137艘(県百年史)。江戸後期に初代紫峰庵夫雪が来て以来,代々当地を中心として近隣町村に俳諧を指導し広めた。幕末の改革組合村高帳によれば,小泉村寄場組合に属し,4給の村で高700石余,家数111。明治4年館林県,栃木県を経て,同9年群馬県に所属。同22年富永村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7282252
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ