ケータイ辞書JLogosロゴ 上長根村(近世)


群馬県>吉井町

江戸期〜明治9年の村名多胡郡のうち鏑【かぶら】川右岸の平地,天引川右岸沿いに位置する小幡藩領長根村が上長根村・中長根村・下長根村に分村して成立村名は「旧高旧領」に見えるが,「郡村誌」は延宝2年に長根村から分村と記すまた村名を記す地方史料が残っており,幕府郷帳では幕末まで長根村一村でまとめて記されるが,小幡藩の地方支配においては早くから3か村に分けて把握されていたと思われる村高は「旧高旧領」で949石余寛政3年写の正徳4年上長根村屋敷改帳(栗本家文書)によれば,上長根村はお里も(現折茂)・東谷・中城・上野場・たもと(袂)・町・権現堂・安坪【あづぼ】からなり,家数144また年不詳の小幡領村々石高・人数・年貢等書上帳(松浦家文書/県史資料編9)では,高934石余うち本田847石余,年貢は納合で米253石余・永111貫文余,御朱印地に高6石の補陀落山常行院,高9石の医王山恩行寺,このほか寺院に恩行寺末袂昔山長栄寺・城跡山光円寺,真言宗遊宜山観蔵院,曹洞宗宝珠山松林寺,家数141・人数486寛延2年観音堂再建(長根史話)明和6年の木版刷り「多胡郡内三十三番札所詠歌記」(県史資料編9)に「第廿八番千手観世音 袂堂めぐみ名を包むに余る袂堂深きみのりの花の下つゆ」とある観音像は室町期の作(吉井町誌)文化10年2月小幡藩で猪鹿狩が行われ,勢子総人数1,200人,鉄砲数122挺,そのうち上長根村からは天引堂の入30人・鳥屋入20人の計50人の勢子を出し,鉄砲は10数挺であった(長根史話)小幡用水の不足を補うため,文政元年上長根村名主栗本七郎左衛門・中長根村名主江原倉右衛門らは観音谷用水池構築願を出し,上田6反余を用地に宛て,見積り人員7,600余人を動員して完成させた堤は3つに仕切られ,谷川が東の山際を迂回しているなお上野場に三味線屋敷と称される地名がある曲師野沢城品を出した野沢家の屋敷で,城品は天保15年没,法名快保城品大徳,墓は弟子と義太夫連中が建立明治4年小幡県,群馬県を経て,同6年熊谷県に所属同8年3月7日上長根村は中長根村とともに長根小学校を長根城跡光円寺に創立(吉井町誌)開校時の生徒数男39・女11(郡村誌)同9年長根村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7282332
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ