ケータイ辞書JLogosロゴ 上中森村(近世)


群馬県>千代田町

 江戸期〜明治22年の村名。邑楽郡のうち。はじめ館林藩領,天和2年一部は前橋藩領,他は旗本青山・小出・三浦・山岡氏の相給。村高は延宝3年の高1,010石余・反別103町余(上五箇村外四ケ村村誌/小池家文書),「元禄郷帳」「天保郷帳」で1,010石余,「旧高旧領」では1,011石余。村の規模は東西7町余・南北19町余(県邑楽郡町村誌材料)。助郷は近隣村と同様日光社参などに出役を務めたと思われる。鎮守は八幡神社・氏子121戸(上五箇村外四ケ村村誌/小池家文書)。寺は曹洞宗授楽寺。水利は渡良瀬川からの休泊堀に頼っていたが,天保10年利根川から利根加用水を引き入れて利用していた。利根川沿岸のため水禍に悩まされ,文政4年村地先破堤,文政5年破堤・民家流失,同6年破堤86間・民家流失,弘化3年隣村の上五箇村の破堤により流失家屋36戸,耕地砂入103町余(千代田村誌)。元禄12年悪水排除のため大輪沼周辺12か村と近郷村々の助人足合わせ延べ6万人で谷田川拡げ工事があり,この時の沼回り村として人足6,200余人を出した(須永家文書)。幕末の改革組合村高帳によれば,川俣村寄場組合に属し,4給の村で高1,010石余,家数98。明治4年館林県,栃木県を経て,同9年群馬県に所属。同22年富永村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7282335
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ