ケータイ辞書JLogosロゴ 上平塚郷(古代)


群馬県>境町

平安期に見える郷名新田郡新田荘のうち仁安3年6月20日の新田義重譲状(長楽寺文書/県史資料編5)によれば,譲与した空閑の郷々6か所の1つに「かみひらつか」とあるのが初見この譲状には宛所がないが,文中に「こせんのこかんなり」とあり,同年月日の新田義重置文(同前)には,義重が「らいわうこせのハゝ」に譲った新田荘空閑の郷々19か所の1つに「かみひらつか」と見えており,「らいわうこせ」は義重の第4子義季と考えられ,その母を通じて義季に譲ろうとしたものと考えられる以降平塚郷としては見えるが,上・下に分けた記載は見られない江戸期の平塚村,現在の境町平塚のうちに比定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7282372
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ