ケータイ辞書JLogosロゴ 上淵名村(近世)


群馬県>境町

 江戸期〜明治22年の村名。佐位郡のうち。はじめ伊勢崎藩領,元和2年前橋藩領,寛永4年伊勢崎藩領,寛文2年前橋藩領,天和元年伊勢崎藩領。古くから大きな集落で,寛永2年頃,宿並みを整えたといわれ(郷土誌),今も横町・新町などの字名を残す。承応元年長命寺開基。元禄年間東方を割いて分村し,東新井村が成立した。村高は,「元禄郷帳」で355石余,「旧高旧領」466石余。「天保郷帳」では淵名村に含まれる。天保2年の明細帳によれば,本高のほか新田高107石余があり,反別は合わせて66町余うち田方26町余,家数73・人数332,馬42。村の南半分の低地は湧水および早川の水利があって農耕に適したが,北半分の丘地は古墳群と原野の未開地であった。この原野に大沼・下谷境沼・四郎兵衛沼の3古沼があり,伊勢崎藩は村方に命じてたびたび開拓を行い助成したが,新田開発は成功せず明治に至った。男の農間渡世はほとんどなく,江戸後期に引糸・織物の女稼ぎが盛んになった。米作を主としたので農耕馬が多く,毎年7月10日の農休みに乗っ切り競馬が行われた。1反の白布を背に結んで村内観音堂と呼ぶ大通りを一目散に駆け抜ける競技で,明治初年まで行われた。享和元年長命寺僧学明が寺内に寺子屋を設置して教授し,現境町の寺子屋教育の記録では1番古い。幕末の改革組合村高帳によれば,伊勢崎町寄場組合に属し,高355石余,家数53。明治4年伊勢崎県,群馬県を経て,同6年熊谷県,同9年群馬県に所属。明治初年私塾由義堂が設けられ,学制が布かれると下淵名村の早川学校に通学した。明治4年の家数74・人数344,馬45。明治初年から絹糸・織物に携わる者が多くなり,明治13年伊勢崎太織会社設立に10人の業者が参加し,長沼引一郎は当地方の代表的大業者であった。同22年采女【うねめ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7282376
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ