ケータイ辞書JLogosロゴ 上茂木村(近世)


群馬県>玉村町

 江戸期〜明治22年の村名。那波郡のうち。元禄年間以前に茂木村が上茂木村と下茂木村に分村して成立。はじめ幕府領,元和6年前橋藩領,その後幕府領,旗本鷹司松平氏領,のち吉井藩領。村高は,「元禄郷帳」283石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに292石余。元禄2年の水帳(芝根村役場文書)によると反別は田15町余,畑17町余。記載の所有者は9人でうち2人だけで29町余,全体の90%を占めている。これは中世よりこの村を領有していた豪族田口氏の土地支配が影響していたものである。夫役は村から南方1里余の中山道新町宿の助郷で,文化10年領主宛の助郷免除の訴状(岡田家文書)によると,享保9年から村高の一部,享保14年からは村高全部で助郷を命じられて休役もなく勤めており,文化8年から3年の間に人足4,261人と宿場立合費用44貫文余を支出している。当時の家数8・人数32うち男14で伝馬役が勤まる者はわずか4人,馬4匹うち老馬2で,割り当てられる役務の限界を超えていると窮状を述べ助郷免除を嘆願している。この助郷が村を疲弊させ,安政2年までの50年間に14軒のうち5軒が潰百姓となった(渡辺家文書)。ほかに村内を貫通する日光例幣使街道の掃除区域が96間あり,土橋1を管理する夫役も課せられていた。水利は植野天狗岩堰用水に頼ってきたが,水源の遠隔に加え,洪水のたびに多額の修理費を要した。また村内にも4か所の用水堰があり,天明3年の浅間山の噴火による降灰とその後の洪水などで川床が上昇し灌漑に苦労した。村内に白山社が祀られているが鎮守は下新田村の玉村八幡宮で,隣村の下茂木・後箇各村と合同で第2番氏子村として祭典に参加してきた。村内に八幡社領6石があった。生産物は米麦を主とし,繭のほか自家消費用の野菜類などがあった。幕末の改革組合村高帳によれば,玉村町寄場組合に属し,高286石余,家数6。明治元年岩鼻県,同4年群馬県を経て,同6年熊谷県,同9年群馬県に所属。同22年芝根村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7282400
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ