ケータイ辞書JLogosロゴ 上牧村(近世)


群馬県>月夜野町

 江戸期〜明治22年の村名。利根郡のうち。はじめ沼田藩領,天和元年幕府領,元禄11年内藤氏(信濃岩村田藩)領,同16年沼田藩領,享保15年幕府領,同17年沼田藩領,寛保2年幕府領,安永9年から沼田藩領(郡村誌)。当村の村高は,万治2年210石余から,真田氏の寛文新検地で946石余に打ち出されたが,真田氏改易後,幕命による酒井氏の貞享検地で345石余に是正された(平形家文書/県史資料編12)。なお「寛文郷帳」では村高210石余うち田方57石余・畑方152石余,「元禄郷帳」345石余,「天保郷帳」356石余,「旧高旧領」も同高。なお真田氏の時代は水利条件の整備と新田開発が推進された時期で,利根川から取水して当村のほか下牧村・師村・後閑村を潤す四か村組合堰は,慶安3年に着工,3年後の承応元年には完成した(古馬牧村誌)。また新田については,天和元年の沼田領郷村品々記録(小林家文書/県史資料編12)に上牧村のうち吉平村250石が見える。文久4年に示談書が作成されており,その示談書によれば,当村など13か村は中山道高崎宿への当分助郷を命じられたが,遠いことと難渋の村柄を理由に,125両で正人馬差出しを免じられている(小野家文書/同前)。幕末の改革組合村高帳では,月夜野村寄場組合に属し,高356石余,家数125。明治4年沼田県,群馬県を経て,同6年熊谷県,同9年群馬県に所属。同22年古馬牧【こめまき】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7282402
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ