ケータイ辞書JLogosロゴ 木崎(中世)


群馬県>千代田町

 戦国期に見える地名。邑楽【おうら】郡のうち。天正12年6月14日の北条氏直充行状(原文書/県史資料編7)に「館林領之内……木崎」とある。この充行状は宛所が切断されているが,邑楽郡小泉城(現大泉町)に拠った富岡氏に宛てられたものである。天正12年,北条氏直は小田原に伺候した金山城主由良国繁とその弟館林城主長尾顕長を拘禁し,両城の明け渡しを要求した。しかし両氏ともこれを拒否したため小田原北条氏の軍勢との間で戦いとなった。この時両城の中間の小泉城に拠る富岡氏は小田原北条氏に従ったため,氏直から「只今其表境目ニ付而,無昼夜之嫌走廻之間,任望遣之候」として館林領から当地を含む10か所,新田領から11か所の所領を宛行われている。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7282489
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ