ケータイ辞書JLogosロゴ 黒熊村(近世)


群馬県>吉井町

 江戸期〜明治22年の村名。多胡郡のうち。はじめ吉井藩領,慶長6年幕府領,同7年旗本倉橋氏領,寛文8年安中【あんなか】藩領,天和元年幕府領,同2年吉井藩領,元禄11年旗本牟礼・川勝・杉山氏の相給となる。うち川勝氏領は宝永7年幕府領(古料),牟礼氏領は元文5年幕府領(新料)となり,文政7年御三卿清水家領,安政2年から幕府領(郡村誌)。村高は,「寛文郷帳」で303石うち田方209石余・畑方93石余,「元禄郷帳」391石余,「天保郷帳」393石余,「旧高旧領」も393石余。文政年間の吉井宿組合村々書上帳(吉井町誌)によれば,高390石余,ほかに宝暦11年から安永9年までに開発された新田2石余,除地は八幡免田・日光免田・諏訪免田・平地免田・天神免田・薬師免畑・富士免畑・延命寺免田畑の計7反余,家数30ほかに寺1,人数217(男101・女116),馬3,産物は絹・太織・煙草。地内南部にある武沼は,当村のほか緑野【みとの】郡緑野【みどの】村・西平井村3か村の入会沼であったが,次第に開田が進められたため,沼の伏流水は地中深くを流れるようになり,当村は用水に不足を来した。神社は小社が江戸期以来数多く見られる。寺院には黒熊山地蔵院延命寺がある。同寺は慶長年間の開基といい,天保年間の再建。子安観音を祀り,緑野・多胡・甘楽【かんら】3郡の三十三観音霊場の第1番札所となっている。なお明和6年には当村の吉田広斎が願主となり,三十三観音霊場各所に御詠歌を記した絵馬を掲げた。また延命寺札所は昭和56年南毛霊場第11番に指定された。幕末,当村の三木長左衛門は多胡郡の肝煎名主として活躍したが,彼は水戸浪士天狗党が上州を通った際,軍資金として150両を差出している(吉井町誌)。幕末の改革組合村高帳では,吉井宿寄場組合に属し,高393石余,家数34。慶応4年2月世直し一揆に被害を受けた。明治3年の組合村家数人別書上帳(三木家文書/県史資料編9)では家数39・人数269(男131・女138)。明治元年岩鼻県,同4年群馬県を経て,同6年熊谷県,同9年群馬県に所属。明治7年当村のほか小串村・石神村・中島村と連合し延命寺に黒熊小学校を開校。同22年入野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7282593
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ