ケータイ辞書JLogosロゴ 小棚村(近世)


群馬県>吉井町

 江戸期〜明治22年の村名。多胡郡のうち。はじめ吉井藩領,のち幕府領,元禄11年幕府領と旗本松平・山村・大久保氏の相給となるが,うち幕府領は文政7年御三卿清水家領となり,安政2年から再び幕府領となる。村高は,「寛文郷帳」で437石余うち田方190石余・畑方247石余,「元禄郷帳」453石余,「天保郷帳」455石余,「旧高旧領」も同高。文政年間の吉井宿組合村々書上帳によれば,清水家領が高109石余うち潰地17石余・京都妙心寺末禅宗弥勒院朱印地13石,ほかに天台宗長松院除地2石,家数10,人数42うち男16・女26,馬3,旗本松平氏領の高110石余うち小物成2斗余・潰地13石余,家数19,人数70うち男34・女36,馬1,同山村氏領の高110石余うち小物成2斗余・潰地14石余,家数13,人数47うち男25・女22,馬1,同大久保氏領の高110石余うち小物成2斗余・潰地13石余,家数11,人数43うち男21・女22,馬1,合計で家数53,人数202うち男96・女106,蕪川(鏑川)が村内を流れ,村内通用渡船1,また男は農業のほかに余業はなく,女は養蚕・絹・太織の類を織り出すとある(吉井町誌)。なお慶応4年2月23日夜神保村辛科神社に集結した近村の百姓2,000人が,岩鼻代官の体制に反対して,体制側の富農・名主ら村役人の襲撃に立ち上がったことを発端に,西上州に世直し一撲が広がるが,その指導者の1人に当村出身の横尾荒次郎がいる(同前)。幕末の改革組合村高帳では,吉井宿寄場組合に属し,高440石余,家数58。明治元年岩鼻県,同4年群馬県を経て,同6年熊谷県,同9年群馬県に所属。同22年吉井町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7282737
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ