ケータイ辞書JLogosロゴ 五町田村(近世)


群馬県>吾妻郡東村

 江戸期〜明治22年の村名。吾妻郡のうち。はじめ白井藩領,元和元年幕府領となり開発に貢献した代官岡上氏支配を経て,文化9年からは旗本榊原氏領。村高は,「寛文郷帳」267石余うち田方66石余・畑方200石余,「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」でも同高。代官岡上氏による慶安2年の五町田村開改帳によれば,屋敷持は名主ほか3軒のみで,反別は田4反余・畑20町余うち山畑14町余(あがつまあづま)。寛文4年の検地では,田5町5反余うち上田1町余,畑42町7反余うち上畑2町4反余となり開発が進捗した(同前)。宝暦4年の宗門改帳では,家数79,人数は男218・女170(同前)。天明8年の宗門改帳によれば,地内の寺社は天台宗修験寺西教院・天満天神・三島大明神・稲荷大明神・白鬚大明神,ほかに草もち観音として知られる観音堂,お天狗様で有名な千沢の持分社がある(同前)。当村の名主は5軒の年番で勤めたが,天明7年には年番名主のわがままを理由に名主・組頭の入札制を許された。安永7年の村中相定め証文では,名主給分は銭6貫のほか従来の本高10石引にかえ塩・味噌・薪・油代銭3貫の計9貫を支給,年寄給分は銭1人年1貫,番給・船頭給は1貫400文と見える(同前)。文久3年の小遣帳では,中山道松井田宿助郷入用39両1分・杢ケ橋関所御用7貫余・定使給15貫・名主事務費2貫余などが書き上げられ,村自体の費用は用水路普請5貫余・境川橋木代1貫文余にすぎず,助郷の負担は特に重かった(同前)。文化8年には中山道軽井沢宿・小田井宿の代助郷が割り当てられ,免除を願ったが取下げになる。その際提出の村高家数人別書上帳では軽井沢まで18里,小田井まで21里半とあり,家数60,男140(用立つ者52)・女127,馬11(同前)。また,天保7年の三国街道横堀宿への代助郷免除願いに,馬は牝馬ばかりで,浅間焼けで大損害を受け,人家は93軒から60軒に減少し,人足で用立つ者は39人のみ,また牝老馬のみで馬継はできないと窮状を訴えた(同前)。当村は杢ケ橋関所と祖母島番所の関所附き村で,要害固めや諸普請の負担が重く,日光御社参時の助郷は免除された。杢関所御廻章覚には萩3束・縄20房が当村の例年の負担として記される。また,杢ケ橋流失など不通時には箱島から新巻に御用馬継となったが,当村は岡崎新田村と箱島村へ助郷した(同前)。当村は三国脇往還と伊香保と草津両温泉を結ぶ道路が交わる要地。文政〜天保年間の諸業高名録には,「ちばれものの妙薬」などを扱う商人宿兼御休所の和泉屋や小松屋が掲載され,ほかに叶屋・新沢屋など茶屋・商人宿が軒を連ねにぎわった(同前)。文政9年の十返舎一九作「草津道中金の草鞋」では伊香保への道すがら,当地で「さればこそ,価の高き湯豆腐や半てう食うても五町田の茶屋」と詠じた狂歌が見える。天保14年の箱島村との人馬継送りの道争いの訴状によれば,伊香保へ2里半隔て,山越えの千沢-広場-湯中子-伊香保の道が古くからの道で,当地の追分には青石に「右 伊香保道 左渋川道」の道標があるとしている。さらに当村は山中の困窮村で,夫食は半年に足らず,炭薪などの稼業,または馬継で生計を立てるが,箱島村が千沢地内で土橋を落とすなど交通止めをし,箱島〜柏原経由の伊香保道の利用を主張しているが,当村にとっては回り道で困ると訴え,旧来通りを願っている(同前)。用水は主に奥田川に頼り,旧堰とも呼ぶ三島の森用水や,新堰とも呼ぶ文化14年竣工の金原堰がある。天明3年の浅間焼出大変記写(一場家文書)には,高267石のうち泥入り17石・流失本家6軒・飢人38人。天保7〜8年の飢饉の被害も大きく,同年の年貢減免願いでは「村方の義は榛名山続き北裏日陰場所……悪地その上山水にて殊外冷水に候故平素にても実り,不熟の土地」と村柄を記し,「申年秋中より大困窮の上に,大疫病にて村方人数三十九人病死……家数八軒潰に相なり又は四,五軒も潰に相成り候」と難渋を訴えている(あがつまあづま)。榛名山北麓の山林原野(通称吾妻南山)は重要な入会地で,寛文11年には五町田村など川南12か村と榛名社人,大戸村との山論の裁許が出て,12か村が勝訴し境塚を築いている(大戸区有文書)。寛政8年になり商品経済進展のなかで,秣場本来の機能を維持しようとする代官所支配の当村や隣接の箱島村・岡崎新田村は,入会山より産出の木炭などを箕輪・高崎方面に付通し売買していた川戸村を相手に堀切を造り,道路を遮断,荷物を差し押さえ焼き払う事件が起きた(あがつまあづま)。同年榛名山道は秣薪採取と榛名神参詣者以外は一切の旅人案内・馬荷物付通しを禁じる裁定で川戸村が敗訴した(中之条町誌)。妙義神社にある元治2年献納の青銅製灯籠には「養蚕倍盛商売繁昌 諸国糸繭商人」と記され,吾妻連の五丁田村唐沢太郎左衛門・飯塚武左衛門・飯塚小市右衛門の名が見え,当村生糸商人の活躍がうかがえる。また寺子屋師匠には弘化〜安政年間頃の唐沢八重良,明治維新前後の修験者法印西教院の西山洞が知られる。幕末の改革組合村高帳では,中之条町寄場組合に属し,高267石余,家数63。明治元年岩鼻県,同4年群馬県を経て,同6年熊谷県,同9年群馬県に所属。同15年文発小学校から分離し当地に五町田小学校が設置され,同18年吾妻第一小学校を民家に設置し生徒は高等科2・中等38(同前)。地場製糸については,明治13年上毛繭糸改良会設立とともに三島の森に機械製糸所を新築(同前)。同会吾妻精糸五丁田組は工女150人,同17年調で米国に1,653斤が日本武尊の商標で輸出され,郡内では原町組に次いで2位を占めた(同前)。同22年東村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7282742
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ