ケータイ辞書JLogosロゴ 塩村(近世)


群馬県>吉井町

 江戸期〜明治22年の村名。多胡郡のうち。はじめ吉井藩領。慶長15年幕府領林代官所支配,のちに伊奈代官所支配地となり,寛永2年旗本倉橋領,天和3年から幕府領と旗本溝口氏領となり,うち溝口氏領352石余は幕末まで続き,幕府領121石余は文政7年御三卿清水家領を経て,安政4年から再び幕府領となる。検地は延宝5年に実施。村高は,「寛文郷帳」で333石余うち田方208石余・畑方124石余,「元禄郷帳」474石余,「天保郷帳」「旧高旧領」とも同高。農間渡世に製米業を営む橋爪吉右衛門は塩村地内に用水路を開削し,隣村神保村の水田に灌漑の便を与え,文化15年地頭溝口氏より米5石4斗・3人扶持の恩賞を与えられた。この用水は神保堰と称し,下流吉井宿・池村にも恩恵を与えている。なお文政年間,清水家領の家数15,人数81うち修験3,馬2,溝口氏領の家数22・人数157,馬4で,農間渡世に男は薪を拵えて売捌き,女は養蚕・絹太織の類を織るとある(吉井町誌)。天保9年の村明細帳では家数38・人数171,馬4,中山道倉賀野宿や吉井宿に伝馬を勤めた(上毛及上毛人)。幕末の改革組合村高帳では吉井宿寄場組合に属し,高477石余,家数38。明治元年岩鼻県,同4年群馬県を経て,同6年熊谷県,同9年群馬県に所属。弘化・嘉永年間頃俳人で祇帒の号を持つ橋爪太介と東作父子は蚕種業を創め,養蚕を奨励,塩村は製糸・機織で他村に先んじて活況となり,明治7年には橋爪小弥太・向井周弥が製糸工場伊勢崎共研社分社を起こした。同社は吉井町製糸工場の先駆で,のちに甘楽社井池組に発展した。同8年熊野・辛科・諏訪・南方・稲荷・鎧の各社を村社浅間神社に合祀。なお住民は曹洞・浄土・天台宗の檀家となっている。また修験は天正末年から享保年間の頃に泉慶院・道寿院・千寿院があり,以後に塩之院・三光坊・一重院・三野房ができた(上毛及上毛人)。旧清水家領と私有地との係争地が字陣見が入などに8町あり,同地は岩鼻県所管当時に村有,次いで同9年改組の時官有となった。またこの頃,小字数か所の飛地交換が隣接東谷・神保各村との間で行われた。同22年多胡村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7282903
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ