ケータイ辞書JLogosロゴ 下野田村(近世)


群馬県>吉岡町

 江戸期〜明治22年の村名。群馬郡のうち。当村と上野田村でもと野田村と称し,元和2年上・下に分村した。はじめ高崎藩領,元禄11年幕府領代官林部善左衛門支配と旗本杉山氏領となる。村高は「寛文郷帳」561石余うち田方345石余・畑方216石余,「元禄郷帳」「天保郷帳」ともに562石余,「旧高旧領」561石余。なお延享2年の下野田村上宿明細帳によると,村高561石余,うち旗本杉山氏領187石余,幕府領古料187石余,幕府領新料187石余,反別は29町余。村役人は古料・新料と旗本領に各々名主・組頭・百姓代が1名ずつ置かれた。ただし新料では従来2名の組頭であったが,元文5年から1名欠員となり,文政11年2名となった。文化8年には,新料の名主又左衛門・同組頭喜兵衛・武左衛門,古料では名主弥右衛門・組頭孫兵衛,旗本領では名主総右衛門・組頭勘左衛門などの名前が見える(南雲家文書)。村役人は無給であったが,持高のうち貢租免除分があった。また名主組頭が御用で江戸へ出張する折には,路用逗留中とも1日200文ずつ村方から遣わした。また定使には給米6斗8升が与えられ,加えて村から麦1石4斗を出した。年貢のほかには高役100石につき,大豆2斗・荏1升・米2斗を御伝馬宿入用として納めてもいた。当村の主作地は畑で,アワ・ヒエ・大豆・イモとソバ少々を作った。水田耕作は滝の沢川を利用し,北国籾・永楽籾・常楽籾少々を作ったが,ただし水は川上にある上野田村で使ったあと以外は使えなかった。そのためか,上野田村が小倉村と水争いを起こすと,当村は上野田村に同調し,小倉村と争った。寛延3年の水論では,60町の水田を守るべく争い,小倉村は2分,上野田村と下野田村は8分の引水で解決した。寛政12年にはまた水争いが起こり,享和元年評定所にて,検分言い渡しがあり,訟訴3年目で和解した。このほか寛文7年には榛名山二ツ岳の秣場境界をめぐって,伊香保村と当村などの争論が発生している。この争論は翌8年に一旦解決したが,のち明和年間には同地から蒸湯が湧き出し,この所有と利用をめぐって桃井郷13か村と伊香保村との間で争いとなった。明治18年二ツ岳秣場は官有地となり,蒸湯も湧出が止まり,紛争はいつとなしに終止符が打たれた。安政2年の渋川村組合村柄書上帳(堀口家文書/県史資料編13)では家数94,人数男220・女191,農間稼ぎは男が秣・薪刈り入れ,冬の縄・筵などを作り,女は絹・木綿糸引き,繭・絹糸のほか江戸へ出す品なしとある。鎮守は野田神社。ほかに稲荷宮・八幡宮・日枝社がある。寺院は曹洞宗正福寺,修験道華蔵寺。寺子屋の師匠を勤めた者に,華蔵寺住職二階堂亮衍がいる。妹莫武は兄を助け書道を教え,了覲は読書を教えた。了覲の教えを受けた乃竜は次いで自分も読書を教えるようになった。乃竜の長子亮諄は安政・文久年間頃から父に代わって師匠を勤めた。なお華蔵寺7世亮観の二子無幻は光格天皇に千字文を贈った書道の名人であった。その長子は亮衍で,熊谷の匠師三浦無窮や江戸の学者奈佐勝皐と親交があった。奈佐勝皐は当村を訪れるなどして,天明6年武蔵・上野【こうずけ】・下野【しもつけ】の旅日記「山吹日記」を著した。なお,幕末の改革組合村高帳では,渋川村寄場組合に属し,高562石余,家数98。明治4年前橋県,群馬県を経て,同6年熊谷県,同9年群馬県,同11年群馬県西群馬郡に所属。同22年明治村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7283131
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ