ケータイ辞書JLogosロゴ 多比良村(近世)


群馬県>吉井町

 江戸期〜明治22年の村名。多胡郡のうち。はじめ幕府領,慶長7年旗本倉橋・渡辺氏の相給,寛文9年幕府領,延宝2年旗本鷹司松平氏領,宝永6年から吉井藩領(多野藤岡地方誌)。村高は,「寛文郷帳」で873石余うち田方170石余・畑方703石余,「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに同高。文政年間の吉井宿組合村々書上帳(吉井町誌)による家数152ほかに寺3,人数933うち農間煙草商渡世5を含み男469・女464,馬12。寺院は天台宗清滝寺・松田寺・普賢寺。うち清滝寺は緑野【みとの】・多胡・甘楽【かんら】3郡三十三観音霊場第21番札所,松田寺は同22番札所。なお松田寺は現在廃寺。神社は諏訪社など。文政13年の祭礼獅子入用取立帳(篠崎家文書/県史資料編9)が残っており,同帳によれば,計44軒が獅子舞を出すための諸費用金4両と385文を出し,白米・けいこ酒代・張金代などに使われている。幕末に入ると,世情への対応策として吉井藩も農兵取立てに動き,元治元年の農兵任命状(同前)などが残されている。なお幕末の改革組合村高帳では,吉井宿寄場組合に属し,高873石余,家数153。明治元年岩鼻県,同4年群馬県を経て,同6年熊谷県,同9年群馬県に所属。同10年の村位等級表では,当村の田方は6等級,反収1石3斗余,畑方は4等級,反収1石8斗余となっている。同22年入野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7283396
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ