ケータイ辞書JLogosロゴ 高村(近世)


群馬県>吉井町

 江戸期〜明治22年の村名。多胡郡のうち。はじめ吉井藩領,のち幕府領,文政7年御三卿清水家領,安政4年から幕府領(郡村誌)。村高は,「寛文郷帳」で51石うち田8石余・畑42石余,「元禄郷帳」57石余,「天保郷帳」58石余,「旧高旧領」も58石余。文政年間の家数16,人数63うち男38・女25,馬4(吉井町誌)。村の南方に23か村入会の秣場がある。その地域は,東は多比良村牛臥山,南は神保村飛地秣場,西は八束山に連なり,北は浅間山の東西250間・南北350間(郡村誌)。この秣場の利用について,領主が渡す山札を所持する者は秣刈が勝手次第にできたが,立木については,鋸などは使用してはならない議定であった。文久4年高村の若い一百姓がその議定を知らずに立木を伐木して問題となり,大惣代多胡村名主三左衛門の仲介で決着している(大沢家文書/県史資料編9)。幕末の改革組合村高帳では,吉井宿寄場組合に属し,高58石余,家数9。明治3年では家数10,人数は男32・女24(三木家文書/同前)。明治元年岩鼻県,同4年群馬県を経て,同6年熊谷県,同9年群馬県に所属。地内には,稲倉魂命を祭神とし境内に菅原社・八坂社を末社に祀る稲荷神社と,大物主命を祭神とする琴平神社があり,仏堂に十王堂がある。村用事務は戸長宅を仮用して取り扱い,学校は神保・多胡と当村の3か村共用で神保村仁叟寺に仮設した(郡村誌)。同22年多胡村の大字になる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7283398
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ