ケータイ辞書JLogosロゴ 多胡村(近世)


群馬県>吉井町

 江戸期〜明治22年の村名。多胡郡のうち。はじめ吉井藩領,慶長15年幕府領,のち幕府領と旗本領の相給となり,文政7年幕府領が御三卿清水家領となり,安政4年からは一村幕府領となる。村高は,「寛文郷帳」で「田子村」と見え290石余うち田方71石余・畑方218石余,「元禄郷帳」291石余,「天保郷帳」「旧高旧領」とも同高。寛延2年の村指出明細帳(井上家文書)によれば,支配は旗本門奈氏領83石・川村氏領33石余・野呂氏領48石余と残余の幕府領で,用水は沼・溜池が無く,田作り仕付けには山沢野水を利用,年貢は悪米のため金納,秣場は大沢山・あかや山を利用し,山札1枚につき永50文を払い,農間には男が秣刈取り,女が絹・木綿拵えとある。文政年間では村高291石余,うち清水家領が170石余,その家数26うち寺1,人数93うち僧1,馬3,旗本門奈氏領が83石余,その家数13・人数54,馬1,同川村氏領38石余,その家数3・人数12(吉井町誌)。寺院に竜源寺がある。同寺には義人白田重右衛門の墓がある。名主重右衛門は,元禄年間頃干魃に苦しむ農民を救うために,保管を命じられていた米倉を開放し,百姓からは神仏のごとく尊敬されたが,領主に捕われ斬首された。当村はかつて桑葉に霜害がなく,稚蚕飼育に供用する早生桑葉が産出され,各地へ普及した。土地の名を取り多胡早生と呼ぶが,化政期には栽培され始めたようである(同前)。幕末の改革組合村高帳では,吉井宿寄場組合に属し,高291石余,家数29。明治元年岩鼻県,同4年群馬県を経て,同6年熊谷県,同9年群馬県に所属。同22年多胡村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7283489
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ