ケータイ辞書JLogosロゴ 中島村(近世)


群馬県>吉井町

 江戸期〜明治22年の村名。多胡郡のうち。はじめ吉井藩,慶長6年幕府領,同7年旗本長谷川氏領,寛文5年幕府領,延宝2年旗本鷹司松平氏領,宝永6年から吉井藩領(郡村誌)。村高は,「寛文郷帳」で131石余うち田方4石余・畑方126石余,「元禄郷帳」179石余,「天保郷帳」「旧高旧領」も同高。なお寛延2年の村明細帳(井上家文書)の記載から見て,吉井領主菅沼氏による検地の結果を示すと思われる天正20年の寄帳(森家文書/県史資料編9)によれば,分米131石余,反別10町7反余うち中田4反余・下田3反余。上畑4町余・中畑2町4反余・下畑2町9反余・屋敷6反余とある。また慶安3年の中島村郷分歩帳写(森家文書)によれば,畑都合8町余でうち2反余が永代川欠とあり,鏑川の流路の変動と,当村に及ぼす影響がうかがわれる。文政年間の吉井宿組合村々書上帳による家数14,人数88(男49・女39),牛馬はなし(吉井町誌)。正観音を祀る朝日堂がある。朝日堂は緑野【みとの】・多胡・甘楽【かんら】3郡三十三観音霊場の第32番札所となっている。また一石百字庚申塔がある。神社は稲荷社。同社には,吉井藩祖松平信平が奉納した短冊や7代藩主信成が揮毫した紙幟がある。なお鏑川では漁業が行われて運上も賦課されており,安政4年の緑野・多胡・甘楽郡内村々鏑川通漁猟運上覚(藤巻家文書/県史資料編9)によれば,当村は小漁猟運上永200文2分となっている。幕末の改革組合村高帳では,吉井宿寄場組合に属し,高179石余・家数20。明治元年岩鼻県,同4年群馬県を経て,同6年熊谷県,同9年群馬県に所属。同22年入野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7283823
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ