ケータイ辞書JLogosロゴ 鍋谷村(近世)


群馬県>千代田町

 江戸期〜明治22年の村名。邑楽【おうら】郡のうち。はじめ榊原氏領,寛永年間幕府領となり代官曽根氏支配,寛文元年館林藩領,天和2年旗本向坂氏領となる。村高は「寛文郷帳」で224石余うち田方129石余・畑方95石余,「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに250石余。村の規模は東西・南北ともに10町余(県邑楽郡町村誌材料)。助郷は近隣村同様日光社参などに出役を務めたと思われる。鎮守は稲荷神社,寺は真言宗医王寺。用水は渡良瀬川から休泊堀で引き,さらに天保10年利根川から利根加用水を引き入れた。鎮守稲荷神社の末社に禰々子神があり,子供の夜泣きに霊験ありと信仰される。幕末の改革組合村高帳によれば,小泉村寄場組合に属し,高250石余,家数32。明治4年館林県,栃木県を経て,同9年群馬県に所属。同10年の村誌(千代田町役場蔵文書)によれば地租で米60石余・金56円余,戸数52,人数187うち男87・女100,馬10,荷車1両,農業従事戸数52,物産は米・エゴマ・ソバ・小麦など。同22年永楽村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7283905
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ