ケータイ辞書JLogosロゴ 箱島村(近世)


群馬県>吾妻郡東村

 江戸期〜明治22年の村名。吾妻郡のうち。はじめ白井藩領,元和元年幕府領となり開発に貢献した代官岡上氏支配を経て,文化9年からは幕府と旗本村越氏の相給。村高は,「寛文郷帳」550石余うち田方101石余・畑方448石余,「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに同高。寛文4年の検地では,上田2町6反余・中田2町3反余・下田2町余・下々田1町余・上畑9町2反余・中畑11町8反余・下畑10町4反余・下々畑6町7反余・山畑11町3反(あがつまあづま)。貞享4年の年貢割付状によれば,米39石余・永43貫余,ほかに綿売成永845文・麻売成永731文・入会山元の野銭永1貫文・荏7斗7升代永154文・大豆2石9斗8升代米1石余が課せられた(同前)。天保8年の村明細帳(田中家文書)によれば,田方8町2反余・畑方52町5反余で,旗本領は田方5町9反余・畑方40町2反余,残りが幕府領。村の規模は,東西18町・南北20町,用水は千沢川のほか,不動尊の湧水を源流にする鳴沢川・赤沢川・竹之沢川を利用した。山村で猪・鹿が多く四季打鉄砲4。最寄りの市場は2里半の道法の渋川と中之条。岡崎新田への越石(出作)者12人。文化9年の分郷前は年寄5人がおり,毎年村方小前の入札(投票)で名主役を決めていた。寺は,茅貝戸の天台宗福泉院万福寺(明治3年廃寺),橋倉の曹洞宗双林寺隠居寺の寒松寺(明治初年廃寺)がある。また橋倉に箱島不動堂があり,不動堂の位牌は善導寺が円光上人の母の供養のため湖に納めたものが流出したとの伝説もある。1月28日の祭日には近郷近在より多くの参拝者を集めている。鎮守は宮貝戸の宿禰大明神(現甲波宿禰神社)で,宮守は万福寺。村内を三国脇往還が通り,文政〜天保年間の諸業高名録に絵入りで商人宿・休所を営む田丸屋伝左衛門宅や名物「よねまんじゅう」の名が載る(あがつまあづま)。杢ケ橋が流失不通時には継場が置かれ,岡崎新田村と五町田村が助郷を勤めた。また,杢ケ橋関所や祖母島番所の関所附村のため,将軍日光社参時には要害固め人足を勤め,その際の助郷は免除された。杢関所御廻章覚では例年くね結い用に縄25房・栗杭木7本分が当村に割り当てられた(同前)。宝暦7年当村と五町田村の荷物継送り争論は,杢ケ橋不通時には当村経由の長須橋通りを利用し,馬継村は五町田村の手前荷物以外は従来通り箱島村が勤め,「平日之義は旅人望次第商荷物五丁田村ニて茂馬継仕」ことで両村が和解した(田中家文書)。天保14年には五町田村と伊香保温泉を結ぶ千沢地内の土橋を当村が落とし,道筋を掘り崩し,大木を切り倒し交通止めにした。当村は村方困窮のため,箱島経由の伊香保道の利用を願ったが,五町田村は旧来通りを願い訴訟に発展した(あがつまあづま)。文化6年にも吾妻川の川除け普請が当村など4か村に高100石につき人足58人を割り当てられるが,新規の人足は困難と訴訟になった(同前)。天明3年の浅間焼出大変記写(一場家文書)では高550石余のうち84石が泥入りになる。吾妻川を隔て対岸村上村を結ぶ渡船場(堀の内の渡し)があった。榛名山北麓の山林原野(通称吾妻南山)は当村などの重要な入会地で,寛文11年には,箱島村など山麓の川南12か村と榛名社人・大戸村との山論裁許が下り,12か村側が勝訴し境塚を築いた(大戸区有文書)。寛政8年商品経済の発展のなかで,秣場本来の機能を維持しようとする当村や隣接の五町田村・箱島村が,入会山より産出の木炭などを箕輪・高崎方面に付け通し売買していた川戸村を相手に堀切をつくり道路を遮断,荷物を差し押さえ焼き払う事件が起きた。川戸村は当村などを「往来差留山稼に差障候出入」と訴えたが,榛名山道は秣薪採取と榛名神社参詣往来のほかは一切の旅人案内や馬荷物付通しを禁ずることとなり,川戸村が敗訴した(中之条町誌)。幕末の改革組合村高帳では,中之条町寄場組合に属し,高550石余,家数87。明治元年岩鼻県,同4年群馬県を経て,同6年熊谷県,同9年群馬県に所属。明治8年岡崎新田村より箱島小学校が当地に民家を借りて移転し生徒は68名で,同18年には吾妻第一小学校分校を設置した(あがつまあづま)。同22年東村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7284158
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ