ケータイ辞書JLogosロゴ 鼻毛石村(近世)


群馬県>宮城村

 江戸期〜明治22年の村名。勢多郡のうち。はじめ大胡【おおご】藩領,元和2年前橋藩領,明和6年幕府領,慶応4年再び前橋藩領。北爪家文書によれば,永禄〜天正年間頃は女淵領はなけ石とある。村高は,「寛文郷帳」261石余うち田方204石余・畑方56石余,「元禄郷帳」同高,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに661石余。約150年間に石高は2.6倍に増えているが,これは盛んな新田開発,特に赤城山麓の畑地の開発による。正保4年に検地が行われ,田23町3反余・畑8町3反余・屋敷3町2反余(宮城村誌)。貢租は,天保12年から弘化2年までの5年間定免となり,高622石余に対し本免米106石2斗余・小物成534文のほか口米,大工・石工運上,水車運上,石代などを納め,合わせて米124石8斗余・永82貫925文余。また,明和7年には畑として検地帳に記載された土地が林となって実際の収穫がないのに,そのまま畑として課税されていることに対し年貢の減免を願い出ている。同願いによると,この土地から柴・薪・下草・落葉などを集め,前橋城下で売り払って年貢代金を調達していたが,明和5年松平氏の川越移城に伴う人口減や,明和4・6年の前橋大火による町の衰微で売れ行きが止まったことが記され,当地域と前橋城下の盛衰が密接に関連していたことを示しており,明和7年の家数83・人数360,馬15(北爪家文書/県史資料編13)。幕末の改革組合村高帳によれば,大間々町寄場組合に属し,高622石余,家数45。明治4年前橋県,群馬県を経て,同6年熊谷県,同9年群馬県,同11年群馬県南勢多郡に所属。明治6年鼻毛石学校が熊谷県第1大学区第17番中学区鼻毛石小学校として赤城寺に開校,教員数2,生徒は元備金を寄付した苗ケ島・大前田・馬場・室沢・鼻毛石・市之関・柏倉・三夜沢の8か村から115人(男105・女10)が集まった。同20年鼻毛石尋常小学校と改称。この時期鼻毛石・柏倉・市之関・三夜沢・大前田5か村連合戸長役場が当村北爪安栄宅に設置。同22年宮城村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7284191
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ