ケータイ辞書JLogosロゴ 舞木村(近世)


群馬県>千代田町

 江戸期〜明治22年の村名。邑楽郡のうち。はじめ榊原氏領,寛永年間幕府領となり代官熊沢氏支配,寛文元年館林藩領,天和2年一部は幕府領,他は旗本赤松・鳥居・加藤・蜂屋・野一色・松前氏の相給。慶応3年幕府領は館林藩領となる。明和元年の村明細帳(増田家文書)によれば,慶安3年代官熊沢氏による検地で村高2,027石余,その後,新田・流作場などについて寛文・享保・延享年間に行われた。村高は「寛文郷帳」2,017石余うち田方644石余・畑方1,372石余,「元禄郷帳」2,106石余,「天保郷帳」2,105石余,「旧高旧領」2,104石余。村の規模は東西19町余・南北18町余(県邑楽郡町村誌材料)。明和元年の村明細帳には秣場は野銭を出して苅り取ったとあり,助郷村ではないが日光社参の際は務め,利根川護岸工事を仰せつかり,村役として利根・渡良瀬両川の工事人足・用水・悪水の堀ざらいに毎年100石につき100人余を出し,利根川の船継場で世良田御用・新田御用船は無賃,足尾御銀銭や秩父山中御手山御用材・いかだなどが差支えたときは無賃で人足を出したとある。当時の家数307・人数1,165うち男603・女562。鎮守は長良神社,寺院は時宗円福寺・真言宗大林寺などがある。利根川沿岸のため水禍に悩まされ,記録に見えるだけでも享保17年破堤・寛保2年破堤600間・文政11年破堤85間・明治43年破堤130間があり,そのたびに耕地は砂入となった(千代田村誌)。明和元年の村明細帳によれば農作は全部一毛作,米・大小麦・大豆・粟・稗・ソバ・イモなどを作り,農間には男は船に乗って駄賃を稼ぎ女は木綿織を売買した。隣村赤岩・対岸の武州葛和田の3か村組合で毎日100人宛人足を出し,1人70文の賃銭で上流の中瀬河岸まで大名・旗本・その他の荷物船を引きあげた。京都の公家や紅花買入で奥州福島から上下する荷物は,上流の尾島や下流の川俣まで馬で運んだ。当時の川幅は230間余,江戸へ18里,浅草までの船路38里程,村役で江戸に出るときは1日あたり名主200文・組頭164文・百姓156文を村中から出した。明治初期の舞木河岸運船43艘(県百年史)。幕末の改革組合村高帳によれば,小泉村寄場組合に属し,7給の村で高2,104石余,家数140。明治4年館林県,栃木県を経て,同9年群馬県に所属。明治10年の村誌(千代田町役場蔵文書)では戸数207,人数1,007うち男499・女508,馬55,日本形船150石以上1艘・10石以上13艘,人力車1両・荷車9両。民業は男が農業389・桑業90・船曳20,女は農業398・養種60・木綿織物50。明治8年公立小学校東寧学舎から分校の舞木学舎を大林寺を仮用して設立した。生徒数72うち男63・女9。のち舞木尋常小学校となり同20年の在学生徒数は154(郷土誌)。同22年永楽村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7284569
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ