ケータイ辞書JLogosロゴ 吉井町(近代)


群馬県>吉井町

 明治22年〜現在の自治体名。はじめ多胡郡,明治29年からは多野郡に所属。吉井町と下長根・長根・本郷・片山・小棚・塩川・池・矢田の8か村が合併して成立。旧町村名を継承した9大字を編成。中心地の吉井町の名を町名として採用。役場を吉井に置く。明治24年戸数897,人口は男2,386・女2,293,馬222・学校3・水車場6・船5。人口は,大正9年6,295・昭和5年6,743(男3,301・女3,442)・同15年6,728(男3,256・女3,472)。昭和30年多胡・入野・岩平の3か村を合併,19大字を加え28大字となる。合併当時の各町村人口は,吉井町9,033・多胡村2,189・入野村5,427・岩平村2,736の合計1万9,385。同35年夏多野藤岡地方に赤痢患者が集団発生,特に吉井町・藤岡市に猛威をふるった。保菌者が多数のため高崎市伝染病隔離病院のほか,吉井小学校南校舎も臨時病棟に充てた。昭和25年片山地区横尾博次がキュウリの促成栽培を始め,同31年ハウス栽培に転じた。これに刺激され,地域にビニール栽培が広がり,全町の園芸共同組合として発展した。また戸塚良二郎はしばしば椎茸王森喜作を桐生に訪れて研究し,生シイタケ栽培の指導普及に努め,同51年農林業功労者として表彰された。多胡石灯籠の創業は大正末期で戦後から復興し,昭和30年以降近年農家の副業から,専業とする者もある。同33年吉井町森林組合設立,地区内森林面積2,000町,所有者数1,500人,組合員数457人,杉・檜の造林につとめている。役場は昭和32年現在地に建築,同49年議場を完成。明治・大正期に盛況を極めた葉煙草栽培は,秋蚕の普及に伴い耕作は減じ,収納のための高崎地方専売局吉井葉たばこ取扱所は不要となり,その広大な跡地は,一部が一時期県立富岡高校定時制吉井分校となり,現在は町中央公民館・社会体育館・町郷土資料館・産業文化会館に利用されている。昭和50年には伝統ある吉井の煙草は皆無となった。当町は鏑川の河谷平野に位置し,上信電鉄によって高崎と20分で結ばれる地方の中心地で,かつて養蚕業の盛時には製糸・織物関係の繊維工業が行われていたが,バキュームコンクリート・東京精密管・古河工業や中国化薬の吉井工場が進出・開業して工業が振興し,次第に変貌しつつある。国道254号の開通以来,交通も便利となり,地形に恵まれて県内最大を誇る岩崎の高崎サントリーゴルフクラブや長根の関越ハイランドゴルフクラブがある。昭和56年池・馬庭の各一部から南陽台1〜3丁目が起立し,3町28大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7285026
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ