ケータイ辞書JLogosロゴ 青木村(近世)


埼玉県>飯能市

 江戸期〜明治22年の村名。高麗【こま】郡のうち。古くは加治領に属したという。はじめ幕府領。宝永4年からは旗本雨宮氏の知行。検地は寛文8年。村の北西30町ばかりを隔てて宮沢村との入会の秣場があり,延享元年に検地を施行し,新田分は幕府領。村高は「田園簿」で65石余,うち田23石余・畑42石余。「元禄郷帳」99石余,以後変わらず。村の規模は東西5町・南北5町半。村内を八王子(東京都)道・秩父【ちちぶ】往還・川越【かわごえ】道が通る。高札場は村の西に1か所。小名に堀の内・馬場などが見え,小名青木前は中世青木氏が居住した館の前という。泉ケ城跡には在原業平の伝説をもつ名泉の泉ケ井があり,用水としても使用。化政期の家数28軒。鎮守は下加治村白髭神社。寺院もなく中居村の曹洞宗宝蔵寺で葬礼を行う。明治9年埼玉県に所属。同年の戸数27・人口177,馬6。飛地は宮沢・中居・下加治村との間に1か所,中居・中山両村の内に1か所,中居・中山・下加治・宮沢4か村の間に1か所,中山・宮沢村の間に1か所の計4か所。物産は米・麦・繭・木綿縞,ほかに製茶を行った。同12年高麗郡に所属。同22年精明【せいめい】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7285127
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ