ケータイ辞書JLogosロゴ 赤沢村(近世)


埼玉県>飯能市

 江戸期〜明治22年の村名。高麗【こま】郡のうち。古くは日影郷加治領に属したという。もと日影村のうちであったが,元禄年間に分村。はじめ幕府領,延享4年からは一橋家領。検地は寛文8年。村高は「元禄郷帳」で392石余,「天保郷帳」では日影赤沢村と見え,292石とあるが392石の誤記と推定,「旧高旧領」373石余。入間川に沿った山間村で東西1里・南北8町,川の北岸や谷間に民家が散在し化政期の家数119軒。古くから農間には紙漉きを行い,化政期にも14,5戸を数え,紙舟役銭を納めた。高札場は村の中央に1か所。神社は妙見社で,元亀2年に加治修理大夫・岡部小次郎佐・久林民部少輔らが再興した旨を記した棟札を所持し,慶安2年朱印2石5斗を拝領。寺院は曹洞宗久村山円福寺,臨済宗明王山円光寺・同河清山金錫寺・同松平山本願寺・同橋向山勝輪寺・本山派修験日影山千万坊妙見寺。勝輪寺には加治氏の過去帳があり,慶安2年釈迦堂領として朱印4石を拝領。金錫寺も同年朱印寺領10石を拝領,本願寺も同年地蔵堂領として朱印3石を拝領,明治9年埼玉県に所属。同年の戸数119・人口620,馬1・牛12。飛地は村の東南に1か所。公立小学校は勝輪寺を仮用し,生徒数25。物産は米・麦・大豆・小豆・アワ・繭・杉丸太・檜角・絹・木綿縞など,ほかに製茶を行う。同12年高麗郡に所属。同22年原市場村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7285153
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ