ケータイ辞書JLogosロゴ 赤浜之原(中世)


埼玉県>寄居町

 戦国期に見える地名。男衾【おぶすま】郡のうち。岩槻【いわつき】城主の太田資正が道祖土【さいど】図書助に「赤浜之原」で上田朝直と戦い家臣の山田伊賀守を討臥せたことに対し与えた7月27日付の感状(道祖土文書)に見える。当時,この辺は原野であったのであろう。近世初期には「赤浜之郷」とも称したことが慶長4年2月20日,徳川家康の昌国寺への寺領寄進状により知られる(昌国寺文書)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7285166
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ