ケータイ辞書JLogosロゴ 芦ケ久保村(近世)


埼玉県>横瀬町

 江戸期〜明治22年の村名。秩父【ちちぶ】郡のうち。古くは武光【たけみつ】荘に属したという。芦ケ窪村とも書く。享保18年に横瀬村より分村。はじめ幕府領,寛文3年忍【おし】藩領,享保18年から幕末までは幕府領。村高は「天保郷帳」では453石余。村の規模は東西2里半・南北2里。化政期の家数20軒。水田は谷戸田で谷水を利用ししばしば旱害を被る。物産はコウゾ・ウド・ワラビ・絹・麻布,幕末にはほかに茶・炭があった。耕地は田1町9反・畑137町余。寺院は曹洞宗茂林寺・竜源寺。鎮守は白鬚社。高札場は村の中央に1か所。小名は赤屋・中道・殿ケ谷戸。明治9年埼玉県,同12年秩父郡に所属。明治9年の戸数123・人口663,馬66。同22年市制町村制施行後も1村として存続。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7285214
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ