ケータイ辞書JLogosロゴ 阿弥陀寺村(近世)


埼玉県>さいたま市

江戸期〜明治8年の村名県東部,鴨川右岸の大宮台地上に位置し,東に低地が大きく入り込んでいる足立【あだち】郡指扇【さしおうぎ】領のうち天正18年旗本三宅氏知行(諸家譜),慶長元年幕府領,元和9年旗本山内氏知行(同前),元禄2年幕府領,宝永2年からは旗本戸田氏の知行地名の由来は「新編武蔵」に「阿弥陀寺と云古刹より起りし村名なりと云」とある検地は元禄7年・延享元年村高は「田園簿」で128石余,うち田41石余・畑87石余,ほかに野銭永48文,「元禄郷帳」88石余,以後変わらず西方荒川沿いに領内村々との入会秣場があった村の規模は東西・南北ともに1町半化政期の家数16軒用水は天水を利用紀伊徳川家の御鷹場支配をうけ,鳥見役松本万右衛門預り28か村の1つ助郷は中山道上尾【あげお】宿に出役文政11年より上尾宿寄場64か村組合に所属主要道路は川越【かわごえ】道と岩槻【いわつき】道鎮守は阿弥陀寺持の石神社で,「おしゃもじ様」とも呼ばれ村民に親しまれたほかに神社は天神社寺院は浄土宗阿弥陀寺,同寺は村民の菩提寺で,村名に残るほどの寺であったが火災にあい寺記を失った高札場は村の西部小名はキシム・新田・東谷明治4年埼玉県に所属同8年北野貝戸・木之下・法願寺の3か村と合併して高木村となる現在のさいたま市大字高木のうち
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7285280
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ